◆ 避難当事者グループ一覧

兵庫に避難されてきた皆さんが自分たちでグループをつくり様々な活動を行っています。

 

 避難されてきた境遇にはそれぞれ違いはあれど、活動を通じて避難者同士の横のつながりができたり、支援団体と協力し合うことで支援の情報が手に入ったりなど、皆さん避難生活を前向きにされています。避難されてきた地域に当事者グループの交流会などがあればぜひご参加ください。

神戸市

神戸市  「べこっこMaMa」

神戸に避難しているママ達が、自立を目指した活動をする目的で「べこっこロール」というロールケーキをプロデュース。販売活動を通じて母子避難という同じ環境の者同士の情報交換や交流の目的もはかっています。NPO法人ウィズネイチャーが事務局をお手伝いし、避難されたママたちがスムーズに活動できることを応援しています。

お問い合せ

予約

電話 078-621-3127

住所 〒653-0042神戸市長田区二葉町5丁目1-1

アスタくにづか5番館110 NPO法人ウィズネイチャー内

べこっこMaMa事務局 担当:小林

今までの

活動内容

大人気ケーキショップ「美侑」さんとコラボしてできあがった”べこっこロール”を
神戸市内外の各種イベントなどで出店、販売させていただいています。

ハンドメイド雑貨の販売をしたりフリーマーケットに出店することもあります。活動によって得た利益は活動資金に充てています。また、活動を通して情報の発信や共有をしたり、子育てサークルのような交流の場ともなっています。

 

伝えたいこと

東日本大震災で被災し、 福島原発事故の影響を受けた地域から、

愛する子どもたちの安全を考えて神戸に避難してきたママたちのグループです。

 「べこ」は東北弁で牛、

 「べこっこ」は子牛のこと。 

強くて優しい母牛のように、 

大切な子どもを守り 育てたい。 

 

震災を経験した、こべっこ(神戸)ママたちのサポートを受け新たな生活で自立していくための第一歩として、べこっこロールの販売を始めたのが、2011年11月のことでした。ここまで続けてこれたのは、支えてくださった皆さまのおかげです。

みなさま、これからも、どうぞ応援よろしくお願いいたします。
新メンバー募集中です!

西宮市

西宮市 「県外ひなん者交流会ひょうごぷらっとホーム」

東日本大震災、また福島第一原発事故によって避難を余儀なくされた方の助け合いを目的として西宮市で交流会や相談会などを開催されています。様々な活動をおこなっていらっしゃいます。弁護士、臨床心理士の先生をはじめ多くの支援に関わる方が参加されています。ワカモノヂカラプロジェクトの学生さんたちがお子さんと遊んでくれたりも。

お問い合せ

電話:080-4972-3029

メール:phome24@yahoo.co.jp

 

活動内容

①月に1,2回西宮市内で交流会を行なって、避難者だけでなく地元の方にも参加していただいています。今までランチ会、弁護士相談会、臨床心理士の先生との相談会、ハンドマッサージ等も行いました。希望に応じてイベントを開催をしています。

②バザーや催事に参加し、福島の物産の販売等を行っています。

③NPOタッチインピースさんからの支援を受け、ぷらっとホームのメンバーで縫製の仕事を行なっています。まだ商品は完成していませんが、完成後協力企業や催事等にて販売予定です。

④ぷらっとカフェを開設し、いつでも誰でも交流できる場の提供をしています。

甲子園口にて開催中です。

⑤ぷらっとキッズという母子避難者と支援者向けの事業を準備中です。

場所はぷらっとカフェと同じ甲子園口にて行います。

伝えたい事

震災からもうすぐ2年経ちます。福島原発は政府から収束宣言は出されましたが、実際はまだまだ収束には程遠いと思います。慣れない土地に避難してきて避難疲れも出てくる頃で、特に二重生活をしている方は限界にきていると思います。しかし、せっかく避難してきたのに、元住んでいた場所に戻ってしまったら今までの努力も水の泡です。ですから、私たちは避難者の方に少しでも避難生活を今以上に過ごしやすくできないかと考えています。まだまだ小さい団体ですが、よろしくお願いいたします。

伊丹市

伊丹市 Oracle itami(オラクルイタミ)

 ~ポスト3.11を避難者と共に考える伊丹市民の会~

これまでに参加した支援団体の避難者交流会で力をもらったので「他の避難者にもそんな場所を提供したい」そんな思いから「Oracle itami」は立ち上がりました。そして、余裕が出来たら勉強会も行っているので、勉強をして色々考えて行動することができたら。

伊丹在住の市民と繋がって避難者と共に3.11から派生した諸問題を考えて行きたいと考えています。

お問い合せ

電話:072-780-1234

メール:oracle.itami.8@gmail.com

 

活動内容

親子遊びができるボランティアさん協力のもと、親子遊びと交流会(兵庫県のOK食材を必ずひとつお茶菓子に出す)をしている。生活に追われて子供と向き合って遊ぶ事が難しい避難者に、親子遊びを通して子供とのコミュニケーションや触れ合いをしてもらいたい。また、テーマを決めた勉強会も交流会とセットで行っています(放射能と食の勉強会等)。

月一回から二回、伊丹市立市民まちづくりプラザにて実施しています。

伝えたい事

避難者の方々が交流会に参加して元気になったと思うような事をしたいです。

三木市

三木市 おひさまカフェ

2011年3月11日に発生した東日本大震災で被災し、原子力発電所事故に伴う住民避難も含め、避難生活を余儀なくされている私たち被災者が避難者コミュニティ活動を通じエンパワメントされ、明日を生きる力を高めること、震災で止むを得ず離れることとなった愛するふるさとのために出来る活動を行いながら支援することを目指しています。

お問い合せ

ボランタリー活動プラザみき 電話 0794-83-0090

 

活動内容

母子避難者を中心としたお茶会の実施

お茶を飲みながら母子避難生活での不安や悩みを語り合って解決したり、情報交換、心身のリフレッシュを図りながら避難者コミュニティを豊かにし、少しでも安心した暮らしにつながればと実施しています。

弁護士相談会の開催

兵庫県弁護士会所属の弁護士さんに来ていただき、東日本大震災向けの被災者向けの無料法律相談会を開催してい

ています。

避難生活とこれからの生き方についての意見交換会

生活の不安を共有しながら避難権利を意見書としてまとめ、多くの避難者がぶつかる課題解決にむけた行動へと移していきます。

ふるさと支援プロジェクト

避難先から自分たちにできる被災者支援活動に取り組みます。

活動日

 原則毎月1回土曜日もしくは日曜日

活動場所

主な活動拠点は三木市立市民活動センターとし、参加者の利便性を配慮した北播磨・東播磨管内を巡回して活動を行うこともあります。

篠山市

篠山市 丹波篠山避難移住者ネットワーク・こっからネット

こっからネットは、東日本大震災および原発事故によって兵庫県の丹波地域に避難、移住してきた者たちを中心に、避難生活の困りごとなどについてお互い助け合い、また避難先の地域の皆さんとなかよく理解を深め合いながら、新しい土地での生活再建をめざしていくことを目的として自然発生的にできたグループです。

お問い合せ

メール:zuya.impurity@gmail.com 担当:廣岡

 

活動内容

メンバーそれぞれが、地域に溶け込み、震災・原発事故、避難にいたる状況などを広く伝えていく活動と、メンバーと支援者・支援団体などで会合を開き勉強会をおこなったり、会合をおこなったりしています。支援団体のイベントの協力もおこない、避難・移住してきていても地域に還元できることを探っています。

伝えたい事

新たに丹波地域(篠山市など)に避難されてくる人たちをあたたかく迎え入れるために、日常的に丹波地域の避難者支援の情報収集、避難計画者などへの丹波地域案内なども行う予定です。